Kobe819 Galleryオフィシャルサイト

メニューボタン

Kobe819 Galleryについて

KOBE 819 GALLERY企画 竹下想展 『 無限スクロールの終わる夜に 』

 


■NORTH KOREA3

会期

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日) 12:00〜19:00 26日(月)休廊 最終日は18:00まで 入場無料

 

 ■ステートメント

リクルートスーツに身を包み就活したり、就職したら通勤ラッシュで苦労する。周りに合わせておけば、わざわざ道を外れるよりも選択を簡略化でき、そういうモノだという共通見解が通用する楽さがある。

言及するまでも無く、写真を撮る障害は低く流通量は増えている。写真に特化したスマホアプリのInstgramを見ると、似たような写真が何度も登場する。それでも、飽きずにスクロールして、画面をタップしてリアクションをしている。たとえ、大きな災害を経験しても、混ざっては、小さくなり、淡々と時間が過ぎている。問題は解決する前に次の問題へと移っていく。通勤ラッシュもリクルートスーツも観光名所として名指しされたまま。

データ化され流通するイメージからわかるコトは、誰が撮影して何が写っているか、詳細な情報がなくても表層からなんとなく意味がわかれば良い。複製して言葉を入れ替え、内容を変更することも安易にできる。目の前にある情報量はさらに増えた、けれども情報を処理する身体は変わっていない。そのために、データは解析されて、誰でも判断できる情報量に落とし込まれる。年齢、性別、嗜好などからおすすめを提示するレコメンドは、自分がどこを向いているかがわかる。彼らとは違う。と思っていても、いつ何が起こるかわからない。レコメンドもまだ不完全。情報は簡単に手に入る。簡単に分類されていて。簡単に導きの手は差し出される。見ているのか、見られているのか、気付いた時にはルールの上で動かされている。

竹下想(現代美術作家)

「死から不死へ」をテーマに作品を制作。インターネットのイメージを検索/収集/構築のプロセスを辿り、ヴァージョン管理された終わりのない作品を発表している。

1989年 日本/ 宮崎県生まれ
2015年 個展 Profiling『死から不死へ』Kobe 819 Gallery 
2016年 photosquare(京都新風館)に出展
2017年 fotofeverparis2017 / KOBE 819 GALLERY

WEB:http://sotakeshita.com/

■個展関連イベント

「無限スクロールの終わる夜に」開催記念イベント

11月23日(金祝)19:00〜20:00

竹下想×野元大意クロストーク

竹下のテーマ「死から不死」について、このプロジェクトをやる上で、竹下はどのような価値を見出しているのかを聞き手の野元も含め言語化し、分析しつつ、紐解いていくトークイベントを開催。このイベントにより一層、このプロジェクトの価値を感じることができる時間となる。

事前予約制 参加費1,000円 定員20名

参加をご希望の方は、下記お申し込みフォームか[email protected]までお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdNiyh-XWTdDi-yPKThNRjJhQWOiy0Q4IQ-6oqXGWhEY92gSw/viewform?c=0&w=1

■その他 展示作品も販売いたします

You can share with...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInShare on Tumblr

ニュースレター

KOBE 819 GALLERYのニュースレターの購読はこちら

ニュースレターを購読する

サービス

スペースレンタル

個展やグループ展など、
様々な形態の写真展を
お受けいたします。

詳細を見る

セミナー

講師として、
写真に関する講義や
セミナーの実施・出演

詳細を見る

コンサルティング

写真に関する
プロモーションや
イベントの企画立案など

詳細を見る

TOPへ