Featured

お知らせ

ご挨拶

Posted on 27 11月 2012

Kobe 819 Galleryは、神戸市中央区海岸通にある写真ギャラリーです。

乙仲通に面した清和ビル3階にある写真ギャラリースペースは、日本の写真家、フォトグラファー、写真作家の個展や企画展を定期的に行っています。またレンタルスペースとしても運営しており、個展やグループ展なども積極的に行っています。

  Continue Reading

Comments (0)

展覧会情報

前田春人写真展《 Quiet Life 》

Posted on 21 3月 2016

 

Kobe 819 Gallery 企画

前田春人写真展

《 Quiet Life 》

 

会期

2016年6月18日(土)〜6月26日(日)

営業時間

12:00〜19:00

最終日は18:00まで

6月20日(月)は休廊

 

トークイベント開催!

6/18(土)

18:00〜19:00

「前田春人が見た景色」

前田春人氏を招いてのトークショーを開催

トークショー終了後、レセプションパーティーも開催。

(21:00頃、お開き予定)

予約不要+参加無料

 

quiet-life016

 

「Quiet Life」は南アフリカの、ある小さな村の静かな日常生活を撮ったに過ぎません。

しかし、その社会背景にあるアパルトヘイトという非人道的な政策で苦しめられてきた村人たちの歴史をも同時に写し出せたのではないか、と思っています。       

村の生活は厳しく極めて貧しい環境でしたが、そこにはまだ牧歌的な人間の生活があり、伝統的な文化が残されていました。たとえば、1日中、羊の数ばかりを数えている素朴なじいさんや世話好きでよくおしゃべりをする陽気なばあさん、夕方遅くまで遊びまわっている子供たちの存在は、かつて日本でもよく見かけた庶民の姿と何ら変わることはありませんでした。いや、むしろアフリカ人の生活の中にこそ日本人が失いつつある人間とのつながりや寛容性がまだ残っていたような気がします。

住む場所が違っても、人間の生活風景は普遍だという事実。まさにこの事を「Quiet Life」というテーマを通して表現したかったのです。

これまでマスコミなどで伝えられてきた可哀想なアフリカ人ではなく、日々日常を淡々と生きている誇り高きアフリカ人の姿を私は伝えたかったのです。

前田春人

 

 《ギャラリーより》

現在、明石市在住の写真家 前田春人。                      

彼は1992年〜1994年の約3年間、報道写真家として南アフリカに滞在。当時、同国史上初の全人種参加の総選挙によりネルソン・マンデラ議長が大統領に就任し、アパルトヘイトも廃止され、新しい時代の幕開けの頃、報道写真家前田春人は、最前線での取材の合間に、ある小さな村の静かな日常生活を撮影し続けた。この村は、カカドゥ村と呼ばれ、アパルトヘイトによって故郷を追われた人々が住む村でもあった。

これらをまとめたものが、今回展示されるシリーズ「Quiet Life」です。 

激動の南アフリカ社会のもうひとつの側面が表現された写真展、どうぞご高覧ください。

 

前田春人  MAEDA HARUTO  http://www.harutomaeda.com

1963年  兵庫県神戸市生まれ。明石市在住。

1983年  空挺部隊(習志野第一空挺団)へ入隊。

1990年  日本写真芸術専門学校(東京)にて報道写真家・樋口健二氏より

      フォト・ドキュメンタリーを学ぶ。

2002年  青幻舎より写真集「Quiet Life」を出版。

写真展

1995年  「厳しさの中でー南アフリカ」銀座ニコンサロン(東京)

     「南アフリカーアジア市民フォーラム ’95広島」ギャラリー森(広島) 

1999年  「CACADU-南アフリカ-」銀座コダックフォトサロン(東京、広島)

2000年 「虹の国をめざす人々-南アフリカの村-」広島県民文化センター(広島)

2002年  「Quiet Life」ギャラリー・ナダール(大阪)

2003年  「日本写真協会賞展」銀座フジフォトサロン(東京)

受賞歴

2003年  写真集「Quiet Life」で日本写真協会・新人賞を受賞

1992年〜1994年までの3年間、ヨハネスブルクのダウンタウンに住み込み、激動した南アフリカ社会を撮影。雑誌や写真展などで発表する。

Comments (0)

展覧会情報

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2016 Artist in Residence

Posted on 19 6月 2016

 Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2016

Artist in Residence

2015年の参加者による宿題報告展

RIPF_logo

2016年8月20日(土)〜8月28日(日)

12:00〜19:00

8月22日(月)休廊

 

 

出展作家(予定):Mayu Yamamoto/Reiko Yagi/Mayumi Suzuki /Yoshikazu Sakamoto/Katsuhito Kobayashi

  

【六甲山国際写真祭 Artist in Residenceとは?】

六甲山国際写真祭は、写真をもちいた社会におけるコミュニケーションを促すために神戸市六甲山、神戸市内にて開催される国際写真祭です。

なかでも本プログラムArtist in Residenceは、社会のさまざまな問題を素材に前年度の写真祭参加写真家が作品制作を行うインキュベーションプログラム

として実施されます。

http://rokkophotofestival.com

 

Continue Reading

Comments (0)

お知らせ, ギャラリー紹介

ギャラリー利用規定

Posted on 24 11月 2012

【レンタルスペース予約受付中!】

個展をやグループ展など、いろいろ写真展の形態をお受けいたします。

写真展について初心者の方でも、Kobe 819 Galleryの野元が責任を持ってお手伝いを

させていただきますので、ご安心ください。

サポート内容として

・展示プランニング全般

・プレスリリース

・プロモーション

          など

まずはお気軽にご相談ください。

【使用期間】

火曜日〜日曜日の6日間。月曜日休廊。

【使用時間】

各日12:00〜19:00。最終日は18:00まで。
使用時間外の使用についてはご相談ください。

【搬入および搬出】

搬入:使用開始日の前々日(日曜日) 19:00〜
搬出:使用最終日(日曜日)18:00〜19:00まで

【使用料金】

¥90,000 (税別)

 

【週末のみのレンタルも可能】

土曜日と日曜日の2日間。

【使用時間】

土曜日12:00〜19:00。日曜日は18:00まで。
使用時間外の使用についてはご相談ください。

【搬入および搬出】

搬入:使用開始日の前日(金曜日) 19:00〜
搬出:使用最終日(日曜日)18:00〜19:00まで

【使用料金】

¥35,000 (税別)

 

 

Continue Reading

Comments (0)

ギャラリー紹介

展示スペース

Posted on 24 11月 2012

平面図

■ 展示パネル

パネル 延長:5.0+1.8+5.86m/総延長:12.66m
パネル 高さ:2.1m

■ 展示スペースの様子

Comments (0)

SEE MORE ARTICLES IN THE ARCHIVE



お問合せ先


Kobe 819 Gallery


650-0024
神戸市中央区海岸通4-3-17
清和ビル37号
Tel/Fax 078-360-3819

Open 12:00〜19:00
*日曜日は18:00まで
*月曜日休廊

*メールはこちらから
*交通アクセスはこちらから